• 400万世帯のファミリーと始める
    新たなコミュニケーション

  • 「ごっこランド」とは

    「ごっこランド」は、子どもが夢中になって楽しみながら学べる知育アプリ。
    様々な体験型コンテンツを通して、出店する企業の「認知」と「理解」を促進する取り組みです。

     

  • No.1社会体験アプリ「ごっこランド」

    手のひらで、子どもと社会がつながる「社会体験(ごっこ遊び)」アプリ。企業・ブランドの伝えたいメッセージを体験コンテンツ化、子ども達が楽しくプレイしているうちに、自然と企業・ブランドへの理解と共感を深めます。

  • ごっこランドの実績

    50

    利用企業は50社以上

    400万

    ダウンロード

    国内3分の1のご家庭で利用

    1500万

    プレイ回数

    1ヶ月の利用回数 

    170万

    利用時間

    1ヶ月の利用時間

  • 導入事例

    新たな環境下、家庭内でエンゲージメントを高める体験創出とは?

  • 「ごっこランド」でできること

    新しい形の企業広告

    • 次世代の担い手、子どもの興味を喚起して憧れの仕事として認識

    • リアルで実施している工場見学や体験イベントのデジタル拡充

    • ステークホルダーへ向けてブランドメッセージを発信する広報施策

    SDGs取り組みの周知

    • SDGs達成に向けた企業様の取り組みを、子どもを通じてファミリーへ周知

    • 社会課題に取り組む企業としてより応援される企業に

    インナーブランディング

    • コーポレート・アイデンティティ(CI)の理解促進

    • 子育て世代の従業員に自社への誇りと愛着を醸成

  • SDGs達成に向けた取り組み

    キッズスターは「ごっこランド」を通じて、SDGs達成に取り組んでいます

    持続可能な開発目標(SDGs)とは

    2015年のニューヨーク国連本部において「国連持続可能な開発サミット」が開催され、150を超える加盟国首脳の参加のもと、その成果文書として「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。このアジェンダにおいて、人間、地球及び繁栄のための行動計画として掲げられた17の目標および169のターゲットが「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」です。
    参考:国際連合広報センター

    キッズスターのSDGs達成に向けた取り組み

    キッズスターは、「ごっこランド」を通じた未就学児〜小学校低学年の情操教育ならびに、パートナー企業のCSV(Creating Shared Value:共通価値の創造)活動支援を通じて、SDGsの達成に向けた活動を行っております。

    また、「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」への参加ならびに「グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)」へ入会を通じ、UNGCが掲げる「人権」・「労働」・「環境」・「腐敗防止」の4分野・10原則を尊重した取り組みを行ってまいります。

     

  • パビリオン一覧

  • 「ごっこランド」に関する資料請求・お問い合わせ

    ご不明な点やご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください

    株式会社キッズスター
    〒150-0045
    東京都渋谷区神泉町9-5
    フジタ・インゼックスビル5F
    10-18時(土日祝祭日除く)
    03-6805-5625
    すべての投稿
    ×